【ライブ】崎山蒼志「ギタージャンボリー」2020年3月🎸

ライブ情報

無観客ライブのラジオ生配信!

2020/3/7(土)~8(日)に両国国技館で開催予定だった、
J-WAVE HOLIDAY SPECIAL 「トーキョーギタージャンボリー」
国内アーティストによるギター弾き語りフェス

残念ながら、新型コロナウイルス拡散防止のため中止になってしまいました。

しかしその対応として、 3/20(金)、
ラジオ・J-WAVEにて無観客ライブが生配信されることに!
9時間にわたる超特番です。

それにしてもこのイラスト、似ているしカワイイですね。
静岡出身だからでしょう、そばに鰻が添えてあるのも良い。

生放送のタイムテーブルはこちら↓

セットリスト

崎山蒼志セトリ
① 柔らかな心地
② 国
③ 五月雨
④ 踊り

今日のパフォーマンス

まずは六本木に到着して音出ししている様子。
フレッドペリーの鮮やかな青ジャージ × 白パン が爽やかですね。

 

小気味よく軽快な演奏

特に印象に残ったのは、「国」「踊り」。
というのも、いつもよりさっぱりと軽やかに、明るく歌い上げていたように思えたからです。

📷 演奏中の姿

https://www.j-wave.co.jp/…

普段はもうちょっと影のある雰囲気なんですが、今日は当日の天気(春のような暖かさと青い空)を反映しているかのように爽やかな聞き心地でした。(ただし五月雨は通常運転)

やっぱりMCはシャイ

3曲目の「五月雨」直後のMC。やっぱりたどたどしい。さっきまで演奏していた人はどこへ?というシャイさ。

ホントにこんな光栄な機会に呼んでいただけて
ホントうれ…嬉しぃ…嬉しいデス…
(↑3回言った 笑)
ホントに嬉しかった、ホントにありがとうございマス…
(少し息切れしているような声が入る)
次の曲でエット最後…最後の曲をやって終わりたいと思います。
ありがとうございました。崎山蒼志でした…

まあ、この数秒後にはスイッチ入って、「踊り」を爆演するんですけどね!

演奏後

演奏後トーク

「演奏してみてどうでしたか?」

いやでもなんか、けっこう、聴いてる人がいるってことをイメージして演奏できたのではないかなと。

「どんなマインドで演奏しているの?」

なんでしょうね、ちょっともう
駆けている感じ、ってかもう走っている感じ。
そうですね、あんま考えていないかもしんない…

「アルバムタイトル”並む踊り”にはどういう意味を込めた?」

「並む」は古語で、並ぶって意味で、いろんな曲が入っているので、それぞれの踊りがいっぱい並んでいるというイメージです。



 

SNSより

 

崎山君、いつも渾身の演奏をありがとうございます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA