【動画】崎山蒼志のバンドKIDS’A!(①中1ごろ)

崎山蒼志さんがギター&ボーカルをつとめるバンド「KIDS’A」。

動画が残っている曲の中では「初期」の、

2015年(中1)らへんのものを6曲集めました


声変わり前なので、声が高くてカワイイ。
歌い方も、今の独特なものとは全然違う感じ。

曲のほうも、基本はポップorロックで
キャッチー。
聴きやすいと思います。

♪天気をかじった

2015年、中1。
子供らしさが残る、キャッチーな曲調と歌詞。
アウトロのギターソロが、可愛くいい感じにキマッってます🎸
曲の構成は、解釈があっているかわかりませんが、

Aメロ(神様を今ゆらしてる~)
→サビ(僕のかじりかけのりんごは~)
→サビ´(ローリング~)
→Aメロ

と、このようにサビが2段階になっているようですね。

♪耳の中の目

もうこんな世界が嫌いだ。
頭をかく事ぐらいしか出来ないな。
もうこんな世界が嫌いだ。
好きな人もとられたよ。

好きな人もとられた、という、
女性に関する直接的な表現は結構珍しいですね。(崎山君にしては)

意味があることに意味がないことに
意味はあったんだ。

♪彼の目

2015年。中1。
ライブハウス「浜松窓枠」にて。
イントロからギターがバリバリ決まってます。

↓ 少し経って、2016年に演った動画もあります。

夏 色あせぬまま 黒、黒

花がらに鐘の音
もう全部足りなくて
これからさ もう これからさ
もういらなくなるんだ

ハッピーな夜にまで探していて 朝までも
(中略)
夏、夏、夏、夏… 黒、白へ  [歌詞]

『花柄に鐘の音』??
ちょっとググってみたら、
鐘形花といわれる鐘の形をした花が出てきました。
他には、松尾芭蕉の俳句として、
消えての香は撞く夕哉」などがヒット。
謎は深まるばかりですが、無理して奇をてらった表現をしている感もなく、不思議と違和感もない。むしろアーティスティック。

抽象的なイメージの世界、崎山ワールドが、
中1ですでに確立されていたんですね。

♪35度

♪泡沫

2015年、中1。島村楽器ライブボックスのオープニングアクトにて。

染まったが君を探す 僕の果汁 花になる
オレンジの皮をむく手に僕が映る あの傷がまた痛む

これが歌詞の冒頭です。
「汗」→「僕の果汁」とイメージして、
「果汁」→ 続いて「オレンジ」の描写。
イメージを詩的に繋いでいます。

オレンジのせいで、『あの傷がまた痛む』。
ただの傷でなくて、『あの傷』とは…
想像をかきたてる表現ですね。

♪エンドロール

2015/11/7 ライブハウス「静岡UMBER」にて。当時、中1です。

ちなみに、
3年後の高1で披露されたのがこちら!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA