【動画】崎山蒼志『潜水』動画を集めました!

「潜水」という曲

作詞・作曲 崎山蒼志

彼が中3のとき、2017年に作った曲です。
1人弾き語り、バンド、そして別の方が編曲したバージョン、
色々な潜水があります。いくつか動画などを集めてみました。
(音量にバラつきがあるので、注意)

歌詞:https://www.uta-net.com/movie/275741/

♪2017年10月 SoundCloud

[ 音量注意 ]
まず、同世代の3ピースバンドKIDAでレコーディングしたもの。
2017年10月にSoundCloudにアップロードされました。
当時「最新作」との記載があったので、
いわば出来立ての潜水です。中3で、声も少年ぽい。

♪2017/10/09 遠州webTV 香りの公園祭り

@静岡県磐田市
こちらは地元の無料イベントという感じですね。
この時もまだ、名前が売れるきっかけの番組「日村がゆく」(2018)の前です。
感情が爆発したようなバンドVerとまったく違って、
アンニュイとした感じ。哀愁と透明感のある潜水。
小説を読んでいるかのような心地になりました。

同じ曲なのに、こうも違うんですね。

♪2018/5/13 Enshu Sounds

@静岡 森町文化会館 (Enshu Sounds Vol.1)
弾き語り、50秒ほどの動画をTwitterより。

♪2018/7/1 活動休止前ライブ

@Roxy Shizuoka
KIDAの、活動休止前ラストライブで披露されたのがこちら。
刺々しさを感じるワイルドな潜水。
感情が爆発したようなアウトロの激しさがロックって感じで好き。

高校生になり、声変わり途中なのか。
喉から絞り出すように出している声の不安定さが、とても胸に刺さる。不快にならず、むしろ癖になる不思議…

♪2019/8/17 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO

@北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

はじめの「愛している」を息たっぷりに「はぁあいしている」と発音していますが、
つぎの2回目の「愛している」が急に攻撃的になる、そのギャップが個人的にツボ。

♪2019/9/20 潜水(with君島大空)

「潜水(with君島大空)」が待望の配信開始。
同時に公式MV公開。

編曲は以前から交流のあった君島大空が担当。
2019年5月開催の「CROSSING CARNIVAL」で君島さんと共演したことがきっかけで、この共作が実現したとか。ドラムには石若駿を迎えています。

多重の音が複雑に絡み合う、浮遊感のあるサウンド…
エフェクターやノイズの利いたギターの響き。つまりはシューゲイザーサウンドとして生まれ変わった潜水です。

耽美な雰囲気がなんとも色っぽい。

こちら、MV公開日の深夜に放送された、
TOKYO MXドラマ「おやすみ、また向こう岸で」
(山中瑤子監督)の主題歌にもなりました。

思うこと

窒息 入水 潜水 夏の影 走馬灯

サビ前のこの歌詞。この描写がとても好きです。

この、単語の列記が良いんです…

「窒息間近、海を潜水していると、夏の影が頭をよぎり~」なーんて、
普通に綴るのと比べて、
この名詞の列記は それぞれの単語が際立って、
余白を想像させるというか、イメージをかきたてられる気がします。

もちろん彼は感覚的にやっているのでしょうけれども。。。

ちぎれるほど抱いた不平不満
愛している 愛しているの
数えきれないほど拾った不幸と共に

そしてサビがこれ。本当に中学生が書いたの?

世の中の不条理な側面を知るにつれ、
特に若い時には、消化できない不満に憤ったりしたものだけど。
なにがすごいって、この若さでそれを「愛している」と表現できるとこ。

だいたい普通、人生経験を積んだら、
そういうネガティブな感情に対して一種「諦め」「見ないふり」という境地に至るというのがありがちだと思う。せいぜい、「それも自分と受け止めよう」くらいなもので。

それを、何ランクか超越して「愛している」ですか… 仏様のごとし。

そもそも歌詞からして、海に身を投げた人の話ですよね。
暗いテーマなはずなのに、過程の描写が詩的で幻想的で、その美しさが暗さに勝っているように思いました。

なんだか勝手な解釈をしてしまいましたが、
とにかく、この曲が大好きです。

…以上、独り言でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA