【動画】崎山蒼志の神曲heavenまとめ!歌詞の意図は…

超人気曲 heaven の動画を5つ集めました。
本人が語る歌詞の意図なども合わせてどうぞ。

歌詞について本人が語る

楽曲heavenは、中2のときに作った曲。
嫌いだった学校での経験をもとにうまれたそうです。

崎山くん
中学校の時は本当に嫌な気持ちで通っている時期もありました。学校が求めてくる協調性に圧迫感を感じていて、周りの事も自分の事も嫌いでした。

ハイタッチして割れる毎日
という歌詞には…
何かを分かち合う行動、たとえば何気ないハイタッチという行動にも、人間関係が崩れてしまうきっかけが潜んでいるのではないか という思いが込められています。
NHK 20年11月29日放送「青年の主張2020」より

♪2016年 in クリエート浜松

中2のとき。声変わり前かな。この動画はファンの間で超人気を誇り、皆が音源が出ることを待ち望んでいました。(2020年現在で230万回再生されています)

アウトロの格好良さも人気。中2の子がギター1本でこの世界観を紡ぎだしているんですからすごいですよね。歌詞も、他の人が歌うと痛い中二病みたいになりそうなのに、崎山君だと不思議と違和感がない。

♪2016年 ストリートフェスティバル 静岡

♪2017年 in クリエート浜松


♪2018年 SUMMER SONIC

高1のとき。2018年5月、注目をあびるきっかけとなったネット番組「日村がゆく」が放送され、そのわずか3か月後にはサマソニに出演。下の動画(5分47秒頃~)がその時のheavenです。表現が一層感情的になりアウトロも激しめで刺激的に。

♪2020年 待望の音源配信!MV公開

崎山くん
(2019年インタビュー:音源化したい曲は?)
正直、最近まで「heaven」を歌いたくなかった。でも、多くの人が見てくれて、反響もあって。今俯瞰してみて、もう一度音源にして歌ってみたいなと思いました。
僕自身まだ幼い所があって、「heaven」を歌うとそこを顕著に感じてしまっていたんです。でも今はそうではないのかなと思えて来たり。たくさんの人がYouTubeで見てくれているからこそ、この曲には何かあるんじゃないかなと、今は思えますね。
引用元:60MAG記事  2019年

2020年12月1日。ついに待望の音源配信。
過去に作った3曲を再編曲して配信するという「再定義」シリーズの第2弾として、「Heaven」が公開されました。

Digital Single 第二夜[Heaven]

ちなみにMVに出ている人と、実際にBass,Drumsを収録した方は異なります。

楽曲
作詞・作曲:崎山蒼志
編曲:江口亮
アコースティック&エレキギター:崎山蒼志
ベース:山崎英明
ドラム:矢尾拓也
エレキギター&その他の楽器:江口亮
ミュージックビデオ
Creative Director:Raita Nakamura
Screenplay/Director:枝優花
女性役:見上愛
男性役:楽駆
ドラム役:kaito
ベース役:佐伯隼也(クジラ夜の街)

編曲は、江口亮さん(ロックバンド:Stereo Fabrication of Youth)がご担当され、けっこう今風というかポップなアレンジで、万人が聴きやすそうな仕上がりとなりました。一方、この編曲に戸惑いを隠せないファン(私も含む)が結構見受けられ、賛否両論やちょっとした議論を巻き起こすことに。

しかし、冷静に考えたらいろんな味のheavenがあってもいいですよね。それに2021年にメジャーデビューするので、多くの人に受け入れてもらえる形というのも必要だったのかも。ファンが増えるといいな。

弾き語りの方はまだ音源化されていないですが、私は気分によって聞き分けていこうと思います♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA