【iphoneユーザ】Xiaomi Mi Band5購入の決め手は?文字盤やベルトのカスタマイズも自在で女性にもおすすめ!

iphoneユーザの私が
Mi Band5の購入に至った理由や、
文字盤&ベルトのカスタマイズ画像をご紹介。

安くて、基本的な機能がそろっている!

いま世界的に爆売れ中のMiBand。
基本的な機能がそろって5000円程度という驚きのコスパなんです

Xiaomiブランドについて –ITmediaより
2020年はXiaomi創立10周年だが、今や世界でも有数のテクノロジー企業へと成長し、2020年第1四半期の売り上げの半分は海外から得ているという。スマートフォンのシェアでは、47のグローバル市場でトップ5内に位置している。
ウェアラブルバンドや電動スクーターでは世界1位。

まずは機能をご紹介しましょう。

主な機能
・着信,LINE,SNS,GMAIL等アプリの通知
・アラーム、タイマー、リマインダー
・天気予報

・健康モニタリング:睡眠,歩数,心拍数など
・生理周期予測

・音楽再生操作
・携帯を探す/ウォッチを探す

・リモート写真撮影(リモコン機能)

多くの機能は、時計側の画面上ではなくスマホのアプリ側で設定するので、小さい画面でピコピコする必要はありません。

スマホアプリの画面

<細やかな機能の一例>
・機能やアプリ別に通知ON/OFFを設定
(機能:着信/メール/LINE/SNSなど)
・機能やアプリ別に通知バイブの種類を設定
・ストレスモニタリング
・世界時計の設定 など

充電が2週間持つし、軽い。

例えばAppleWatchは1~2日に1度は充電しますが、MiBand5なら最長2週間くらい持ちます。旅行にも充電器を持っていく必要がないですね。さらに、MiBandは5以降、バンドから本体を外さなくても充電が可能に。
重さも23gと軽いです。

充電の様子。こちらの金属ベルトは別売り、非純正。
軽くて、つけたまま寝れる。

アラーム、タイマー、リマインダー

特に重宝するのが、アラーム。
手首で振動するので、音よりも気持ちよく起きられますよ。
特定の曜日だけ設定することもできます。さらには振動の仕方まで自分で設定できるので、私は 振動が長めになるように設定しています。

リマインダーはこんな感じ。タスクがウォッチフェイスに表示されます。バイブも設定可。

健康モニタリング

睡眠、歩数、心拍数のモニタリングと、生理周期予測。

以前は、MiBandのモニタリングの精度は微妙な時がある、という口コミも見かけましたが、MiBand 5は[光学式心拍センサー(PPGセンサー)を採用・心拍数のモニタリング精度が50%向上した] とのことですので、古いモデルよりは5のほうが精度に期待できます。

REM睡眠もモニタリング

女性用の機能、結構使えます!

運動の記録

ワークアウトの記録もばっちり。装着して運動すれば、何分・何km・心拍数・ペースなどが記録できるので、モチベーションアップにも。ダイエット中の方、運動不足の方にもぴったり。

カスタマイズで自分好みにできる♪

壁紙のカスタマイズ

自分のスマホに入っている画像を壁紙にできます!スマホのアプリ側で画像を選択でき、時刻の表示形式や文字色も変更可能。私はWebから好みの画像をダウンロードして設定しています。
下の画像のようなイメージ。有機ELパネルを搭載しており、わるい画質ではないですよ。
画面も前モデルより20%大きくなっています。女性にとっても、大きすぎず小さすぎずのサイズ。

ベルトのカスタマイズ

今のところ日本からはブラックしか購入できないようです。

しかし、非純正ですが 替えベルトの種類が豊富なので、好みの見た目にチェンジできます。私はビジネス用に、ローズゴールド色のメタル替えバンドを購入しました。(おすすめベルト一覧はこちら→関連記事



注:日本語版とグローバル版の違い

(2021年1月現在)

日本では実店舗で売っていないので、ネットで買うことになります。日本語版・グローバル版とあって、グローバル版の方が1000円以上安いです。

グローバル版は…
最大の違いはウォッチ画面上の機能(メニュー)が英語であること。といっても、「Alerm、Music、Camera」といったように中学生でもわかるような簡単な単語です。
また、スマホからの通知メッセージは日本語なので、ご安心ください。
他には日本語の文字が少し大きめなので、画面に収まる文字数が減るものの、逆に言えば老眼だという方にはこちらが見やすいのではないでしょうか。

日本語版は…
もちろんウォッチ画面上のメニューも日本語です。

「日本語対応」と書かれている製品がありますが、よく説明を読むと「日本語版」ではなく「グローバル版」だったりします。「グローバル版だけど日本語で使えるからね~(メニューは英語だけど)」って意味のようだから注意してくださいね。


結論。Miband5 はコスパ最強だった

最後にHuaweiとの比較

どちらにしようか迷っていたのがHuaweiのスマートバンドですが、下記理由からMiBandに決めました。

HuaweiではなくMi Band5にした理由
■iphoneとの親和性がより高い*
■自分で撮った写真を文字盤にできる!
■付け替えバンドの種類が断然多い(非純正)
■画質がより綺麗

*HuaweiBand4はiphone連携だと、音楽プレーヤーの操作・写真撮影リモコン機能ができません。さらにHuaweiiBandのWatchFaceストアはAndroidのみに対応なので、iphoneユーザで文字盤を好みのものにしたい人にはMiBandをお勧めします。

以前は5万円程のスマートウオッチを使用していたのですが、私は「MiBandで十分!」と大満足しています!

【おすすめ】 Xiaomi Mi band 5/4用きれいめな替えバンド!女性・ビジネスにも