崎山蒼志の作曲方法、創作のネタ、初めて作った曲は!

崎山蒼志さんの「曲作り」についての情報を集めています。
声だけではなく、メロディ・歌詞・コードにおいても独特な世界観をもっている彼。何が創作のネタになって、 どんな風に曲ができるのでしょうか?

はじめて作った曲

音楽教室の先生に勧められて

崎山くんは小4ごろから、 ニンテンドー3DSのレコーダー機能を使って作曲をしていました。そして小6ごろ、当時通っていたギター教室の先生の勧めで、詩も含めてきちんと作曲してみることになったそうです。

崎山くん
先生が『ちゃんとしたオリジナル曲を作ってみたら?』って提案してくれて。
そこで初めて『詞も書いてみよう』って。
そのときは先生からお母さんへの感謝ってテーマを課せられていたので、今はもう恥ずかしくて聴き直せないんですけど…(笑)」

引用: スタディサプリ-崎山蒼志くんインタビュー

その曲というのが、 「今、今、今」 です。
「キャッチーな感じをと思って作った」とラジオで話していました。K-mixというオーディション参加時に演奏した曲で、Youtubeに動画があります! コチラ↓

どのようにして曲を作る?

崎山くん
弾き語りで作曲するときは、メロディーと歌詞が同時に浮かんできて、それに合わせてギターを鳴らしてみて、コードを決めるという感じです。

印象的な部分以外はコードから作ったりもしますが、最初はメロディーと歌詞しか鳴っていないことが多いですね

引用:2019「並む踊り」リリース記念moraインタビュー

よく、コード進行が「独特」「変態的(に素晴らしい)」と褒められる崎山くんですが、コードは後付けのことが多かったんですね。そっか、考えてみたらライブによってコードが変わりまくってるので、コードはその時の感覚でいくらでも出てくるんでしょうね。スゴイなあ。

創作のネタは?

作品ではどういったことを描いているのでしょうか。

中2のとき、
地元のラジオ番組にゲスト出演した際、このように話しています。

崎山くん
自分の見ている世界を客観的に捉えて、
オブラートに包むようにして書いている。
心の中の憂鬱や・・・
いろんな人にガっというのが苦手なのでそういう感情とか 。

思春期ならではなのか、暗い感情を表現することがあったようですね。それが色濃く歌詞に表れていて、人気な曲といえば「アンデレーション」でしょうか。

『友達にもらった言葉のナイフを…』という印象的な歌詞で始まり、サビでは『願いが願いのまま終わるなんて嫌だなぁ。でも僕はそれを感じながら生きていくんだろう。』と、なかなか陰鬱とした感じです。(動画は当時中3)

高2の時に受けたインタビューでは、次のように話しています。

崎山くん
周囲との違いを感じた時の気持ちと向き合って
言葉やメロディーにしていく。
心の中から湧き上がってくる感覚を、
もっと近い言葉で言えないかな……」と追うようにして書くことが多くて。

表現者といった感じ…!

崎山くん
曲を作っている時も楽しいし、
できた曲を初めて家で歌っている時が超楽しい。
「イエー!」って(笑)。
めっちゃ自分らしくいられています。

家族の感想は?

崎山くんは、インタビューなどで結構頻繁に家族のことについて話してくれます。特に、お母さんが「すごいね!」と褒めてくれることがモチベーションのひとつであったと。曲ができたら、一番に聞かせたりすると。なんとも可愛いエピソード。

崎山くん
お母さんは、最近は曲を聴かせても「へー、いいねー!」くらいしか言ってくれなくてちょっと寂しい。お父さんは、最近になっていろいろ言ってくるようになりました。「その曲、分かりにくい」とか。それを聞いて「そっかあ」と思って直す時もありますね。

引用: 崎山蒼志が、外に出て初めて気づいたこと 大好きな両親や友達の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA