【動画】崎山蒼志による素晴らしきカバー曲!動画まとめ

崎山君の素晴らしきカバー曲集。
過去のライブ映像や、Twitterから発掘したレアな動画も。

必見!記事の最後に、TikTokにあるカバー動画へのリンクまとめを掲載

シャンゼリゼ

2018年8月18日「ぼくたち無限に休みがほしい」
(ゆいにしお×くすりpresent’s)にて。

高校生のときですね。

20秒程の動画ですが、とても味があって崎山くんらしいカバーです。

違う角度から↓

バンバンバン – ザスパイダーズ

2018年4月7日、浜松のイオンモールにて。
この1か月後の5月に、AbemaTV『日村がゆく』で全国に名を馳せることになるんですねえ。
当時まだ高1ですが、けだるそうな雰囲気が妙な色気を放っています。

手首の動きが柔らかく、滑らか…
肩の力が入らずにサラっと弾きこなしている、アンニュイとした雰囲気のバンバンバン。

朧月夜

2019年3月21日、青山の「月見ル君想フ」という、月の背景が美しいライブハウスにて。40秒くらいしかないですが、公式Twitterにて少し映像が公開されています。(↓)

このカバーが初めて披露されたのは、前年2018年12月10日、1st アルバム「いつかみた国」のリリース記念ライブ「初めての60分」(渋谷CHELSEA HOTEL)でした。

その場にいましたが、カバーをやるといってこの選曲だったので、驚きましたね

Woman ~Wの悲劇より~ – 薬師丸ひろ子

次は、薬師丸ひろ子さんご本人が「歌うのが一番難しい曲」と仰っている曲。

崎山君のお父さんが、薬師丸ひろ子さんが好きで、車でベスト盤のCDがよく流れていたそうですよ。

崎山君がギターでこの曲を弾いていたところ、親御さんが褒めてくれたことをきっかけに、カバー。

動画は3つあります。

おすすめ 動画:6分58秒~
(LIVE映像:メッチャドスエダモンデ ~2019 SUMMER~)

↓動画
(2018/9/16 NEW ACOUSTIC CAMP)

↓動画: 3分21秒~
 (2019年4月20日 TOKYO MX LIVE in Music More)

ライブツアー「国と群れ」(2019年2月)でも披露してくれたのですが、
斜め前の席の若い男性がボロ泣きしていたのが印象に残っています。

手と手 – クリープハイプ

さて次は、クリープハイプ。
本家の公式動画がこちら。アップテンポでポップ&ロックな感じ。

で、高1のときの崎山君のカバーは下の動画でどうぞ。
素朴で内気な少年の失恋という、一味違った印象に変身しました。

イベント「クリープハイプのすべ展 ~歌詞貸して、可視化して~」(2018/9/21~10/8 @池袋)のために撮られたものです。

そして、同じ曲が3年後の2021年1月に、公式TikTokに投稿されました。

@sakiyamasoushi_official

クリープハイプ「手と手」カヴァーー!#クリープハイプ #崎山蒼志 #崎山蒼志メジャーデビュー #ギター #弾き語り

♬ オリジナル楽曲 – 崎山蒼志 – 崎山蒼志

下のはオマケですが、ちびっ子のときにも、すでにカバーをしていたんですね~なんともカワイイ

Now Romantic – KOJI1200

1995年リリースの今田耕司さんのヒット曲。
ギターの格好良さを再認識させられる、めちゃくちゃ良いカバー…

【リンク集】TikTokにあるカバーまとめ!

崎山蒼志公式TikTokでは、たくさんカバーが聴けます。
最後にリンクまとめがあるので、ぜひ!

@sakiyamasoushi_official

大貫妙子「都会」弾き語り🎸 #弾き語り #ギター #崎山蒼志 #大貫妙子

♬ オリジナル楽曲 – 崎山蒼志
リンク集:TikTokで聴けるカバー!
■荒井由実「ひこうき雲
■エレファントカシマシ「今宵の月のように
■大貫妙子「都会
■斉藤和義「歩いて帰ろう
■サカナクション「僕と花
■ザ・フォーク・クルセダーズ「悲しくてやりきれない
■椎名林檎「
■シュガー・ベイブ「すてきなメロディー
■クリープハイプ「手と手
■高橋優「陽はまた昇る
■竹内まりや「元気を出して
■東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama「さよならホテル
■平井堅「ノンフィクション
■はっぴいえんど「氷雨月のスケッチ
■ハナレグミ「家族の風景
■フィッシュマンズ「SEASON
■星野源「化け物
■星野源「ばらばら
■松任谷由実「VOYAGER~日付のない墓標
■松任谷由実「Hello, my friend
■矢野顕子「ごはんができたよ

■Aimer「蝶々結び
■ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン
■Glen Hansard & Markéta Irglová「Falling Slowly
■JPEGMAFIA「Jesus Forgive Me, I Am A Thot
■King Gnu「Teenager Forever
■Nick Drake「From the Morning
■Scrubb「Thuk Yang (Everything)
■SMAP「夜空のムコウ
■Suchmos「MINT
■The Beatles「All You Need Is Love
■THE RiCECOOKERS「波のゆくさき
■YOASOBI「夜に駆ける
■Yogee New Waves「Like Sixteen Candles
■ZAZEN BOYS「KIMOCHI