時計ベルトをレザーパンチで穴あけしてみた!

レザーパンチで、簡単キレイに穴あけ!

おすすめレザーパンチと、穴あけ手順・仕上がりについて!

穴あけ方法は色々

ベルトの穴を増やす方法は…

1.時計屋さんに頼む
一番安心。だけど、結局こういう人ってまたどうせ開けなきゃいけない機会が出てくるから…と思い、自分でやることに。

2. キリで無理やり穴をあけちゃう
キリでグリグリやってみたんだけど、これは厳しい!!汚く仕上がりそうな予感がして、すぐ断念。

3. 100円均一のレザーポンチであける
棒状になっているポンチを皮に押し当て、上から金づちで叩くことにより穴を押し開ける方法。近くの100均をのぞいてみたけど、穴のサイズが合うものを見つけるのが大変。金づちも自信なくて。

4. レザーパンチを買って、自分であける
パンチ」のようにレバーをガチャンとさげるだけで穴が開くとのことなので今回はこれを採用!

購入したレザーパンチ

購入したのはこちら。
Amazonでベストセラー
サンドリー ロータリーレザーパンチ」。
Amazonなら安くて、1000円くらい

Amazonでレビューの件数が600以上あり、★4と評価が高いのと、6サイズの穴があけられるというのが決め手。ウエストに巻くファッションベルトにも使える。スマホケースに、ストラップをつける穴をあけるために使う人もいるみたい。

穴あけ手順

1.ダイヤルを回して穴のサイズを設定。

6段階の穴を開けられるパンチなので、
まずはベルトの穴の大きさを測り、それに合わせてダイヤルを回して大きさを設定します。

2.グリップをしっかり奥まで握る

穴をあける場所に印をつけ、
本体座面とベルトとの間に紙を入れて、
もう握れない、というところまで しっかり握り込みます!
厚みがある場合は両手を使うと安心です。
ギュギュギューと最後の念押しで握り込みましょう!
ここを中途半端にやると、途中までしか穴があかないよ。

これで完成!

仕上がり

一番左が自分であけた穴。
ちなみにベルトの素材はレザーです。
ってあれっ、穴の周りがんでいる!??
・・・・

と思っていたら、
少し時間が経ったら、下のように凹みが消えました。

↑裏面もいい感じ。
サクっと綺麗に切れてます
ちょっとだけ穴の大きさが大きい気がするけど
腕につけちゃえば全くわからないでしょう。

できた!
これからは、穴あけ放題!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA