プチ食洗に入る麦茶ポット/冷水筒は?なんとしてでも食洗機で洗いたい方におすすめ

パナソニック「プチ食洗」で洗える麦茶ポット、なかなか見つからないんだけど…
耐熱だからといって食洗機可というわけではないんだよねえ。よく説明読むと「食洗機不可」のものが本当に多い…高さが約23cmくらいという制限もあるので更に限られるくるし。
こんな麦茶ポットを厳選しました!
◎パナソニック「プチ食洗」で洗える
さらに…
◎全部(本体&フタ)が食洗機対応
◎構造がシンプル(パーツが少ない)
◎Amazonレビュー高評価

ギリギリいれる

■iwaki ピッチャーKT294-W

1リットルの容量がありながら、人気商品の中でなんとか入りそうなものを発見。「もし入りきらなくても少し斜めにすればいいか」と試しに購入すると…

幸いプチ食洗(型番:NP-TCR4)にギリで入った!

左のくぼんでいるところにスポッと

注意 入れ方にちょっとコツが必要。慣れれば簡単。カゴを引き出して、画像のような感じで左のくぼんでいる場所に収めます。ただしプチ食洗といっても型番が異なると結果が変わる可能性があるのでご注意ください。

容量:1000ml
価格:Amazonなら1553円(税込)

シンプルで洗練されたルックス♪

小容量のものを複数使い

プチ食洗(NP-TCR4)は、基本的に23cm程度の高さが限界なので、容量1リットル以上で探すと厳しい。

そこで容量を少な目の500~700mlにして、複数個を購入する前提で探すと、お洒落なのが見つかりました。

■HARIO 水出し茶ポットミニ

容量:700ml
定価: 825円(税込)
公式HPにて、食洗機対応であることを確認。日本製。

■iwaki ピッチャー

容量:600ml
価格:Amazonなら1372円(税込)

1~2人暮らしで、日中は職場にいる方や、コーヒーやジュースなど他のドリンクも結構飲むという方なら、この選択肢もアリ。

何よりふつうのタンブラー感覚で気軽に洗えるのがいい。なんなら、そのままゴクゴク飲むことも。

コーヒーポットで代用

最低1リットルの容量は譲れない、という場合には、形状を妥協するのも手!

私が本気で購入するか迷っていたのは、コーヒードリップ用のポット。急須のかわりに使っている人もけっこういるみたいですね。

■iwaki コーヒードリップポット

容量:1000ml
価格:Amazonで685円(税込)

フタ付きのまま電子レンジにもかけられる♪
冷蔵庫の扉ポケットのほうには入りそうにないので、扉ポケットにはかわりに食材などを収納したらいいかな。

以上、食洗機対応の麦茶ポットでした!手洗いをひとつでも減らしたい方、ぜひご検討ください♪

[注] 食洗機に対応していないものについて

耐熱でも意外と「食洗機不可」のものが多いので、探すときにはご注意ください。

たとえば下記商品、サイズや容量は良いのですが、直接メーカーに問い合わせたところ、食洗機非対応との返答が。

でも、口コミ等を見ると、気にせず(気づかず?)食洗機に入れている人がいました。

実は結構、そうしている人も多いのかも!

まあ耐熱なので、物理的には一応洗えるとは思います。ただし、非対応というからには、耐久性や品質が保証されないということが考えられるので、注意が必要ですね!